にきび跡の治療には美容外科のレーザーが効果的

有効成分

ニキビ跡の種類によって、施術で使用するレーザーの種類も異なってきます。
例えば、茶色がかったにきび跡関しては、色を薄くしてにきび跡の改善を行います。
その治療と並行して、美白になれる白剤や、クリニックで処方される点滴を使って美白にすることもできます。
ニキビ跡にもっとも良い成分と言われるビタミンC誘導体は、頑固なニキビ跡を綺麗に治療する力を持っています。
また、ターンオーバーを正常に戻す効果も期待できる為、にきび跡を消しながら肌を綺麗にしてくれるのです。
皮膚科で行う治療のレーザーでは、ターンオーバーを正常に戻すだけではなく、コラーゲンの形成にも貢献します。
若さの秘訣はコラーゲンからと言うように、にきび跡にもコラーゲンが不可欠になりますから、二つのメリットを持つレーザーは大変魅力的な治療法となっています。

にきび跡専用の化粧品を使用しても、改善が見られないのは誰でも経験しているはずです。
また、エステサロンにお世話になっても、長い期間通う羽目になりますし、美をテーマにした特別な施術を行う為、高い金額になってしまうのは言うまでもありません。その点皮膚科で行うレーザー治療は、数回の通院で大丈夫なのでエステのように高額請求はありません。
また、レーザー治療は、これまで美白効果のある化粧品で効果がでなかった人にも、多大なるメリットを招いています。レーザー治療をした人の多くは、光線が持つ力で美白を手にいれているのです。
とは言え、綺麗な肌を維持する、またはニキビ跡を解消して白い肌に生まれ変わりたいのなら販売されている化粧品だと力不足になってしまいます。
レーザーを使用した治療は、光線を当てることによって、表皮にあるメラニン組織を破壊してくれますが、ここ数年の研究で更にサーザー治療の技術が進歩しています。
美容業界がもっとも注目しているニキビ跡のレーザー治療は、肌の代謝を良くし、普段使用しているビタミンC誘導体をより肌の奥に浸透させることが可能となっています。
更に、コラーゲンの形成に役立つので、ビタミンC誘導体と二つの効果が合わされば、誰でも負けない素肌にできます。